スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各党、要介護者らの「郵便投票」改善に前向き―政治参画フォーラム(医療介護CBニュース)

 NPO法人高齢社会をよくする女性の会(樋口恵子理事長)は5月27日、東京都内で「参院選を前に、問題提起フォーラム 高齢者の政治参画を考える」を開き、国会議員や有識者が高齢者らの政治参画などについて議論した。身体機能が衰え、投票所へのアクセスが困難な高齢者への政策についての質問に対し、各党の国会議員からは要介護5の人などが利用できる郵便投票制度の改善を挙げる意見が相次いだ。

 郵便投票は、身体に重い障害などがあり、投票所で投票することが困難な人が、郵便で投票できる制度。要介護5の認定を受けている人のほか、身体障害者手帳や戦傷病者手帳を持つ一定程度の障害がある人が対象となっている。

 この制度について、円より子参院議員(民主)は、「郵便投票の普及や簡易化により、高齢者が投票しやすくすべき」と述べた。また、時間外投票やインターネットを用いた投票などの手段を講じる必要性があるとも指摘した。森まさこ参院議員(自民)は、「郵便投票の要件を、実態に即して見直すべき」との見解を示した。福島瑞穂参院議員(社民)も、郵便投票や代理記載の制度を改善するとしたほか、投票所での車いす用記載台の設置や、出入り口のスロープ化を実現する考えを明らかにした。
 このほか、「郵便などによる不在者投票の対象者の要件緩和や、手続きの簡易化について検討すべき」(公明)、「投票所のバリアフリー化を進めるとともに、郵便投票の要件緩和や自署を要求する仕組みの改善を進めるべき(共産)など、各党から寄せられたアンケートの結果も紹介された。

■当事者が政策決定過程に参画する仕組みづくりを
 フォーラムの冒頭で「基調提起」を行った樋口氏は、後期高齢者医療制度の創設に向けた政策決定プロセスのメンバーに、75歳以上の高齢者が少なかったことを例に挙げ、「(制度の)当事者が、政策決定に参画するルートがほとんどない」などと指摘した。上野千鶴子氏(東大大学院教授)もこれに同調し、「高齢者の運命にかかわることを、高齢者のいない所で決めないでくれというのは当たり前のこと」と訴えた。尾崎美千生氏(人口問題協議会代表幹事)は、「“老壮青”のバランスの取れた政治体制をつくるべき」とした上で、二院制の在り方を議論する中で「世代代表制」の検討を提唱した。また、堂本暁子氏(前千葉県知事)は、貧困に苦しむ高齢女性が多いと指摘し、解決に向けた政策を立案する上での当事者参画の必要性を強調した。


【関連記事】
27日に高齢者の政治参画を考えるフォーラム
要介護認定見直しや職員の待遇改善求める―高齢社会をよくする女性の会
認知症の専門医「全然足りない」―武田認知症対策専門官
衆院選、要介護5なら郵便投票が可能
初の省庁会合、議論が平行線にも―障がい者制度改革会議

東国原知事「殺処分の49頭まだ生かしている」(読売新聞)
宝くじ販売権売買話で数億詐取か=容疑で元会社役員逮捕―警視庁(時事通信)
カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞)
北朝鮮へ不正輸出容疑=古物販売会社を捜索―鳥取県警(時事通信)
<尾瀬>山開き 遅い雪解け、残雪の合間からミズバショウ(毎日新聞)
スポンサーサイト

宇宙滞在、野口さん最長に=6月2日に帰還予定(時事通信)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する野口聡一さん(45)の宇宙滞在期間が15日夜、日本人最長を記録した。
 宇宙航空研究開発機構によると、従来の最長滞在記録は若田光一さん(46)。3回にわたる宇宙飛行で通算159日10時間46分だったが、野口さんは日本時間15日午後8時6分、これを抜いた。
 野口さんは6月2日に帰還する予定。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
お帰りなさい、山崎さん=25日まで一時帰国
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業

B型肝炎訴訟、国側が和解協議入り表明(読売新聞)
お帰りなさい、山崎さん=25日まで一時帰国―「科学の重要さ伝えたい」(時事通信)
「普天間」日米外相、防衛相会談へ…5月下旬(読売新聞)
「生産者の無念、尋常でない」口蹄疫で東国原知事(読売新聞)
昨年のOTC市場、第一類医薬品で明暗(医療介護CBニュース)

食用不適の牛内臓を精肉店に販売 食品衛生法違反容疑で業者逮捕(産経新聞)

 栃木県警生活環境課と県警大田原署は12日、廃棄されるはずの牛の内臓を貯蔵・販売したとして、食品衛生法違反の疑いで、埼玉県熊谷市中西、牛肉卸売販売業、小林敏之(72)▽栃木県大田原市元町、従業員、丸亀安男(53)▽群馬県伊勢崎市境伊与久、へい獣回収業、新井浩志(35)の3容疑者を逮捕した。3容疑者は容疑をほぼ認めている。

 県警などの調べによると、小林容疑者らは平成21年12月から今年3月まで、大田原市町島の公営食肉処理場「那須地区食肉センター」で、解体された牛の内蔵のうち、食用検査で不合格となった肝臓(レバー)を不正に持ち出し、同センター内で貯蔵したうえ、丸亀容疑者が今年2月、その一部を県内の精肉店に販売した疑いが持たれている。

 また、小林、丸亀の両容疑者は食肉販売業の免許を持たずに、同センターで解体した牛の内臓を県内の精肉店などに販売した疑いが持たれている。

 同センターは近隣の3市町が所有し、地域の精肉店などで組織する県北食肉事業協同組合が運営。解体された肉や内臓は、隣接する食肉検査場の獣医が食用検査を実施。食用に不適とされたものを、新井容疑者が回収し、小林容疑者らに渡していたという。

【関連記事】
売れ残り豚肉でカツ重 コープかながわ、保健所が調査
「食の安全」最多の66事件 前年の1・8倍 平成14年以降で最多
「こりゃ飲めない!」酷評から驚きの大豆飲料商品化
ブラジル製粉末ジュースにチクロ 横浜市が回収命じる
大阪市がインド産はちみつの回収を命令 ふたから基準値14倍の鉛

雑記帳 「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
<石清水八幡宮>篝火御影を公開 元襲来で祈願? 京都(毎日新聞)
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦(時事通信)
介護保険の「制度外サービス」、65%が制度の補完に利用(医療介護CBニュース)
線路から16メートル下の地面に飛び降り 東京駅で男性死亡、JR東海社員か(産経新聞)
プロフィール

ミスターとしおほりうち

Author:ミスターとしおほりうち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。